家族葬に参列する際の男性の服装について

年齢を重ねてくるとお通夜、告別式に参列する機会も増えてきますが、年齢を重ねるにつれ、参列する際に着用する喪服には注意が必要になります。一般的に家族葬に参列する場合、ブラックフォーマルが基本となりますが、濃いグレー、紺のスーツでも、無地、もしくは無地に近い柄であれば、ブラックフォーマルでなくても問題ありません。しかし、ボタンダウンのシャツ、柄もののシャツ、光沢のあるシャツは、故人とのお別れの場にはふさわしい服装ではないので、参列する前に着替えておきましょう。

ネクタイ、靴、靴下はすべて黒が基本になりますが、黒無地、または濃いグレー、紺、深い色であれば、失礼にはあたりません。ネクタイにピンをつけている方がいますが、ネクタイピンは外しておきましょう。ちなみに、ネクタイの結び方ですが、ビジネスに使用する通常の結び方で構いませんが、ディンプルはマナー違反になるので注意しましょう。

忘れてはならないのが数珠です。お通夜、告別式はほとんどが仏式で行われるので、数珠は必需品の一つと言っても過言ではありません。数珠の色、大きさに関しては、特別な制約等はないので、自分のものを用意して持参しましょう。家族葬でも、故人の宗派に合わせることはありません。