家族葬に参列する際、平服でとの但し書きがあった場合

遺族から、家族葬なので服装は気にせず平服でお越しくださいとの説明があった場合、どのような服装で参列すれば良いのかと散々悩み迷った挙げ句、ブラックフォーマルで参列する方も少なくありません。平服とは普段着という意味をもちます。一般的には告別式に普段着で参列することはできませんが、遺族からの申し出があった場合は平服でも問題ありません。ですが、毎日身に着けているような、家の中でリラックスする時に着用するような普段着では参列できないので注意しましょう。

遺族側からの平服でとの申し出には、ブラックフォーマルほどかしこまらなくても良いですが、の意味があり、その意味をくみ取った服装を身に着けて家族葬に参列しなければなりません。ちなみに、この場合の平服とは略礼服になります。略礼服とは男性はブラックスーツ、女性は黒を基調としたワンピース、もしくはスカートスーツ、パンツスーツです。

男性はスーツ着用の仕事であれば、その服装のままで参列することができますが、女性の場合はブラック系のスカートスーツ、パンツスーツ、ワンピースに着替えましょう。それらの服がすぐには用意できない場合は、濃いグレー、または紺等、深めの色のものを選べば失礼にはあたりません。