家族葬で着る女性の略喪服とは

家族葬は近親者のみのアットホームな告別式になるため、喪主から略喪服でとの説明があった場合は、その申し出を受けて略喪服で参列するのがマナーになります。男性の場合はブラック系、もしくは濃いグレー、紺等のスーツであれば、何ら問題はありませんが、女性の場合はそう簡単にはいきません。例えば、スカートスーツ、パンツスーツです。仕事で着用する機会の多い濃いグレー、ブラック系スーツを着て参列することもできますが、ジャケットの中に着用するブラウスはどうすれば良いのかと迷う方も少なくありません。

男性の場合、ジャケットの下に着用しているワイシャツは白っぽいものが多く、その男性を真似て白のブラウスでも良いのではないかと思いがちですが、女性の場合、白いブラウスが許される場合、許されない場合があるので注意が必要です。女性のブラウスの基本色は、黒になります。家族葬に参列する際、遺族から略喪服でとの申し出があった場合に限り、白のブラウスでも構いませんが、白でもサテン等の光沢がある生地に関しては失礼にあたるので注意しましょう。

また、ブラウスにレースやリボンのついたものがありますが、レースの下から下着が見えるのはマナー違反になります。参列する前に、別のブラウスを購入して正しいものに着替えてから向かうことをおすすめします。